物性評価でお困りのアナタに

熱物性計測技術セミナー 開講!

5時間でわかる!
熱伝導率測定をキホンから学ぶ計測技術セミナー

日時:2017年9月29日(金)AM10:00〜PM16:00
場所:ウインクあいち1801号室
先着受付
20名募集!
 名古屋大学大学院 工学研究科 長野 方星教授 によるゲスト講演あり!  
『ロックインサーモグラフィを用いた3次元熱拡散率分布計測および繊維配向同定法への応用』

こんなことでお困りではありませんか?

  • 熱シミュレーションをしているが、計算が合わない・・・
  • サンプル形状が特殊なため、どうやって物性評価をすれば良いのかわからない・・・
  • 今採用している評価方法が、本当に正しいのか判断に迷っている・・・
  • 物性評価をしたいが何から始めれば良いのかわからない・・・
  • 熱物性評価について、相談できる相手がいない・・・
  • 今採用している評価方法が、本当に正しいのか判断に迷っている・・・

本セミナーを受講することで
お悩みの解決方法を見つけましょう!

時間と予算をかけて検討したけれど思ったような結果が得られない。
開発現場はスピードが命。いかにコストと手間をかけずに、クオリティーの高い開発をしていくかが最重要課題になってきます。開発工程の効率化やクオリティー向上のためには、まず現状を把握すること、潜在する課題点を明確化することが大切です。

本セミナーを通して、熱物性評価でお悩みの方に、
  1. まずは問題点を抽出するために必要となる「熱物性計測の基礎知識」を習得していただき、
  2. 「熱物性計測」が実際にどのような方法で行われてるのかを知り、
  3. さまざまな測定事例を通して「熱物性計測」のイメージを掴んで今後へ役立てる
そのお手伝いをさせていただきます。
難解な“熱物性”について、初心者の方にもわかるよう、基本のキから丁寧に解説していきます。

こんな方におススメです!

  • 自動車業界宇宙航空業界プラスチック業界の研究開発部門で活躍されている方
  • フィラー入り樹脂など複合材料の開発をされている方
  • 炭素繊維強化プラスチックなど高機能樹脂の性能評価にお困りの方
  • グラファイトシートや放熱シリコンシートなど、異方性材料の評価にお困りの方
  • 熱物性について知りたいが、いまさら聞けないという方
  • 炭素繊維強化プラスチックなど高機能樹脂の性能評価にお困りの方

セミナー概要

お早めにお申し込みいただくと・・・、特割・早割価格が適用されます!!
特割価格: 開催日の4週間前(9/1)までにお申し込みいただいた方に適用。
      通常価格より、10000円引き!

早割価格: 開催日の3週間前(9/8)までにお申し込みいただいた方に適用。
      通常価格より、5000円引き!
※ ページ下部のフォームからお申込みください。
※ お申込日から換算した適用可能な割引価格を、後日担当者からご連絡させていただきます。
日程 2017年9月29日(金)am 10:00~pm 16:00 ※9:45開場
受講料 一般 32,000円(税込) / 学生・リピーター 16,000円(税込)

【特割価格 通常価格より10000円引き】※開催4週間前(9/1)までにお申し込みの方
一般 22,000円(税込) / 学生・リピーター 6,000円(税込)

【早割価格 通常価格より5000円引き】※開催3週間前(9/8)までにお申し込みの方
一般 27,000円(税込) / 学生・リピーター 11,000円(税込)

※ ページ下部のフォームからお申込みください。
※ お申込日から換算した適用可能な割引価格を、後日担当者からご連絡させていただきます。
開催場所 ウインクあいち 1801会議室
http://www.winc-aichi.jp/access/
その他
  • リピーターは過去に当社主催セミナーを受講された方が対象となります。展示会セミナーや外部セミナーは含みません。
  • 支払い方法は、開催日5日前までの銀行振込(前払い)となります。お申込受付メールが届きましたら、以下口座に受講料をお振込みください。
    【 常陽銀行 石岡支店 普通1905232 】
    ※お振込みが遅くなる場合は、事前に事務局にご相談ください。(TEL 029-825-2620)
  • 同業他社様の場合、ご受講をご遠慮いただくことがあります。
規約 ■ セミナー開催中止について
天災およびその他やむを得ない事情により、セミナー開催を中止にさせていただくことがございます。その場合、お電話かメールにてご連絡いたします。開催中止の場合、セミナー受講料は銀行振込にて全額返金いたします。

■ 会場・日程の変更について
諸般の事情により、セミナー会場および日程を変更させていただくことがございます。その場合、お電話かメールにてご連絡いたします。

■ キャンセルによる受講料の返金について
キャンセルによる受講料の返金はいたしかねます。ご入金後にキャンセルされた場合は、代理の方の出席またはセミナー資料の郵送をもって対応させていただきます。代理の方の出席をご希望の場合は、事前に事務局までご連絡ください。

■ お申込者情報の誤入力およびメール着信制限による損害について
電話番号・メールアドレスなどのお申込者情報の誤入力またはメールの着信制限等によりご連絡が遅れるような場合、当社では一切の責任を負いかねます。セミナーをお申し込み後、5日経っても連絡がない場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。

開催場所 ウインクあいち 1801会議室
http://www.winc-aichi.jp/access/

講座プログラム

第1部
メイン講演
【10:00~14:00】(3時間)※休憩をはさむ
テーマ:「熱伝導率測定のキソを学ぶ計測技術セミナー」
講師: ベテル 主任研究員 羽鳥仁人(サーモマン)

  1. 背景
    熱移動三態/熱設計のむずかしさと熱問題の解決方法
  2. 温度測定
    温度測定法の分類/熱電対を使った温度測定/赤外カメラを使った温度測定
  3. 熱伝導率想定
    熱伝導率とは何か?/熱伝導率の各種測定方法/シート状材料や異方性材料の測定/測定方法による結果の違い/薄膜と微小領域の測定/その他測定方法
  4. シミュレーションの実際
    熱設計の難しさ/熱設計の流れと実例
第2部
ゲスト講演
【14:00~15:00】(1時間)
講師: 名古屋大学大学院 工学研究科 長野方星 教授
テーマ: 「ロックインサーモグラフィを用いた3次元熱拡散率分布計測および繊維配向同定法への応用」

 一般的な面内方向の熱拡散率測定である周期加熱法の温度計測方法にサーモグラフィを用いることで,面内方向の熱拡散率分布を瞬時に求めることが可能となります。
 本講演では、測定法の原理からグラファイトシートや炭素繊維複合材料の熱拡散率分布の測定例を紹介します。また,本手法を応用した繊維配向同定方法についても紹介します。

第3部
補足講演
【15:00~15:30】(30分)
当社担当者が、受託測定のポイント(サンプル作製方法や適した測定方法)について、補足講演をおこないます。
交流タイム 【15:30~16:00】(30分)
講師との名刺交換や受講者同士の交流にご利用ください。
交流タイム 【15:30~16:00】(30分)
講師との名刺交換や受講者同士の交流にご利用ください。

受講者特典

ご受講された方にこちらの特典を差し上げています!
  1. 熱物性測定の技術資料
  2. サーモマン監修オリジナルノート
  3. サーモマンキャンディー
  4. 個別コンサルの無料実施(希望者のみ)
  5. 次回以降のセミナーへリピーター価格でご招待

講師紹介

ベテル 羽鳥 仁人(サーモマン)

1972年、北海道北見市生まれ。茨城大学工学部を卒業後、株式会社ベテルに入社。以来ハドソン研究所に在籍し、熱物性測定を軸とした研究開発に携わる。現在では、大学在籍中から20年以上にわたって積み上げた熱物性の知識と経験を最大限に活かし、世界中を飛び回って熱問題の解決に取り組む毎日。また、主任研究員・工学博士という肩書きを持ちながら、各地で熱物戦士サーモマンに変身。熱物性の難解なイメージを払しょくすべく孤軍奮闘中である。趣味は、天体観測とカメラと少林寺拳法。

名古屋大学 長野 方星 教授

1998年_慶應義塾大学理工学部機械工学科 卒業 / 2000年_慶應義塾大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程 修了 / 2003年_慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学博士課程 修了 (工学博士) / 2003-2006年_日本学術振興会特別研究員 / 2006-2008年_宇宙航空研究開発機構 宇宙航空プロジェクト研究員 / 2005-2008年_NASAゴダード宇宙飛行センター 客員研究員 / 2008-2012年_名古屋大学大学院工学研究科 講師 / 2012-2016年_同 准教授 / 2016/04-_同 教授 

専門分野(業務内容、研究内容等)

  • 熱物性
  • 熱エネルギー輸送
  • 宇宙機熱設計
  • 熱マネージメント

ベテル カトチャン

1982年、茨城県小美玉市生まれ。株式会社ベテルに入社後、システム部に配属される。その後、ハドソン研究所へ異動となり初めて"熱物性"と出会う。現在は大阪営業所にて営業を担当。当所の西日本営業担当責任者として、西日本を中心に活躍中。趣味は海釣り。

名古屋大学 長野 方星 教授

1998年_慶應義塾大学理工学部機械工学科 卒業 / 2000年_慶應義塾大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程 修了 / 2003年_慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学博士課程 修了 (工学博士) / 2003-2006年_日本学術振興会特別研究員 / 2006-2008年_宇宙航空研究開発機構 宇宙航空プロジェクト研究員 / 2005-2008年_NASAゴダード宇宙飛行センター 客員研究員 / 2008-2012年_名古屋大学大学院工学研究科 講師 / 2012-2016年_同 准教授 / 2016/04-_同 教授 

専門分野(業務内容、研究内容等)

  • 熱物性
  • 熱エネルギー輸送
  • 宇宙機熱設計
  • 熱マネージメント

よくある質問

Q熱物性測定について何の知識もなく、講義についていけるか不安です。初心者でも大丈夫ですか?
A本講は、初心者の方でも熱物性についてご理解いただけるよう、熱伝導率とは何か? 等のごく基本的なことから講義が始まります。初心者の方でも安心してご受講いただけます。
Q社内の経理処理の都合上、銀行振込日に間に合いそうにありません。どうすれば良いですか?
Aお電話(029-825-2620)にて事務局にご相談ください。別途ご対応を検討させていただきます。
Q複数人で受講したい場合、お申込みはどうすれば良いですか?
Aお手数ですが、ページ下部のお申込みフォームから、お一人ずつお申込みください。
Q銀行振込以外の入金方法はありますか?
A基本的には銀行振込でお願いしております。経理処理の都合上、銀行振込が不可の場合はお問い合わせください。別途ご対応を検討させていただきます。
Q個別コンサルで、来社してもらうことは出来ますか?
A場所にもよりますが、お引き受けすることが可能です。都市部以外の場合、お引き受けできないことがございますのでご了承ください。
Q社内の経理処理の都合上、銀行振込日に間に合いそうにありません。どうすれば良いですか?
Aお電話(029-825-2620)にて事務局にご相談ください。別途ご対応を検討させていただきます。

過去セミナー受講者の声

講師の説明が分かりやすかった

電子部品製造 開発担当
熱電対を用いた温度測定方法のコツの解説が良かったです。非常に丁寧に教えていただき、質問にも答えていただき今後の参考になりました。
VOICE

具体例を挙げての説明が良かった

研究所勤務
実施例を挙げての説明が分かりやすかったです。熱伝導率測定の難しさ、サンプルの測定方向によって測定方法に向き不向きがあることなどを、具体的に説明していただいた点が良かったです。
VOICE

具体例を挙げての説明が良かった

研究所勤務
実施例を挙げての説明が分かりやすかったです。熱伝導率測定の難しさ、サンプルの測定方向によって測定方法に向き不向きがあることなどを、具体的に説明していただいた点が良かったです。
VOICE
※写真はイメージです。

お申込みフォーム

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信