熱伝導率測定のキホンを学ぶ
計測技術セミナー


“熱物性測定のキホンを学ぶ” をコンセプトに、熱物性測定に関する知識をゼロから学んでいただけます。一見すると難解だと思われがちな熱物性ですが、定番の基本的な測定手法から丁寧に解説していきますので、初心者の方でも安心してご受講いただけます。

2018年3月2日(金)東京有楽町にて開講!

自動車業界や航空宇宙関連、樹脂メーカーの方に人気のセミナーです!
 

招待講演:
『セルロースの伝熱特性を測る! 熱伝導性バイオナノファイバーの発見と特性評価』
講師:立教大学 上谷 幸治郎 先生

ひとつでも当てはまる方は、ぜひご受講ください

  • 品質管理や欠陥検査で困っている
  • 現状の評価方法が本当に正しいのか、判断に迷っている
  • 物性評価をしたいけれど、何から始めれば良いのか分からない
  • 熱シミュレーションの計算が合わない
  • 熱物性評価について、相談できる相手がいない
  • 品質管理や欠陥検査で困っている

本講で得られるお客様のメリット


基本知識を習得できる!
熱伝導率測定の基本知識を習得することができます。難解な熱物性をゼロから解説しますので、初心者の方でも安心してご受講いただけます。

個別コンサルが無料!
熱に関するお困りごとなら何でもご相談可です。当社の熱の専門家が真摯に対応させていただきます。秘密厳守します。

日々の業務に役立つ!
熱物性を測定することの重要性と基本的な知識を習得することで、皆さんの日々の業務の効率UP・スピードUPに役立てることができます。

日々の業務に役立つ!
熱物性を測定することの重要性と基本的な知識を習得することで、皆さんの日々の業務の効率UP・スピードUPに役立てることができます。
本セミナーを受講することで、お悩みの解決方法を見つけましょう!

当日のスケジュール

受付 (9:30~10:00)
※ 受付にお名刺を1枚お持ちください。学生の方は学生証をご提示ください。
※ セミナー開始時刻までに受付をお済ませください。
メイン講演
(10:00~11:00) 講師:サーモマン
  • 背景 ~熱問題の重要性~
  1. 熱移動の三態_熱伝導・熱対流・熱放射
  2. 熱設計のむずかしさと熱問題の解決方法
  • 温度測定 ~熱伝導率測定のキホン~
  1. 温度測定法の分類_棒状温度計、抵抗温度計、熱電対、赤外線カメラ(放射温度計)
  2. 熱電対_原理、種類と特徴、測定誤差が生じる原因と対策
  3. 赤外線カメラ_原理、種類と特徴、放射率について、測定誤差が生じる原因と対策

※ 適宜、質疑応答と休憩をはさみます。
メイン講演
(11:00~12:00) 講師:サーモマン
  • 熱伝導率測定の実際 その1
  1. 最近こんな材料が増えている_複合材料と熱を逃がす材料的アプローチ
  2. 熱伝導率とは何か?_緻密な固体の熱伝導率、熱伝導率・熱拡散率・熱浸透率の関係式、比熱容量と密度の測定、熱伝導率測定で得られるメリット
  3. 熱伝導率測定の分類_定常法と非定常法の特長と使い分け、熱拡散長
  4. 各種測定方法の原理とその特徴_(定常熱流法/準定常法/熱伝導テスター/フラッシュ法/フラッシュ法(層間熱抵抗測定)/スキャニングレーザーAC法/周期加熱放射測温法/ホットディスク法/熱線法/熱抵抗測定法/サーモリフレクタンス法)
  5. 熱物性測定装置_各種装置の守備範囲と使い分け、参照試料について

※ 適宜、質疑応答と休憩をはさみます。
休憩
(12:00~13:00)
※ 各自で昼食をお取りください。
※ 会場内への飲食物の持ち込みも可能です。
メイン講演
(13:00~14:00) 講師:サーモマン
  • 熱伝導率測定の実際 その2
  1. シート状・異方性材料の測定_周期加熱放射測温法の特長と測定事例(放熱シート/ポリイミドシート/複合フィルム/セルロースナノファイバー/CNT入りゴム/CFRP/高熱伝導性樹脂/ワイヤー・繊維状試料)
  2. 測定方法で測定結果が変わる?!_考えられる原因と対策、試料の調整方法
  3. 薄膜微小領域の測定_光加熱式サーモリフレクタンス法と測定事例
  4. その他の測定方法_赤外カメラを用いた観察事例
  • シミュレーションの実際
  1. 熱設計のむずかしさ
  2. 熱設計の流れと実例

※ 適宜、質疑応答と休憩をはさみます。
招待講演
(14:00~15:10) 講師:上谷 幸治郎 先生
  • 講演タイトル『 セルロースの伝熱特性を測る! 熱伝導性バイオナノファイバーの発見と特性評価 』

 セルロースは長く断熱材として活用されていますが、セルロースナノファイバーという形態に変換した場合、そのシート材料がプラスチックより有意に高い熱伝導性を示すことを見出しています。この2次元シート材料の熱拡散率・熱伝導率測定において重要となる異方性解析について紹介し、材料が示す構造依存的な伝熱特性について分析手法を交えながら解説します。また、伝熱異方性を付与した複合材料の開発についても概説し、シーズ素材によって導かれる新たな熱制御手法の展望を述べます。

※ 適宜、質疑応答と休憩をはさみます。

補足講演
(15:10~15:30)
  • 熱物性測定装置と測定時のポイント
 受託測定をおこなう場合のポイント(サンプル作製方法や適した測定方法)について、補足講演をおこないます。

交流
(15:30~16:00)
 講師との名刺交換や受講者同士の交流にご利用ください。

※ 講義の進行によりお時間が多少前後することがございます。ご了承ください。
メイン講演
(11:00~12:00) 講師:サーモマン
  • 熱伝導率測定の実際 その1
  1. 最近こんな材料が増えている_複合材料と熱を逃がす材料的アプローチ
  2. 熱伝導率とは何か?_緻密な固体の熱伝導率、熱伝導率・熱拡散率・熱浸透率の関係式、比熱容量と密度の測定、熱伝導率測定で得られるメリット
  3. 熱伝導率測定の分類_定常法と非定常法の特長と使い分け、熱拡散長
  4. 各種測定方法の原理とその特徴_(定常熱流法/準定常法/熱伝導テスター/フラッシュ法/フラッシュ法(層間熱抵抗測定)/スキャニングレーザーAC法/周期加熱放射測温法/ホットディスク法/熱線法/熱抵抗測定法/サーモリフレクタンス法)
  5. 熱物性測定装置_各種装置の守備範囲と使い分け、参照試料について

※ 適宜、質疑応答と休憩をはさみます。

講師紹介

ベテル ハドソン研究所
主任研究員(工学博士)

羽鳥 仁人(サーモマン)

1972年、北海道北見市生まれ。茨城大学工学部を卒業後、株式会社ベテルに入社。以来ハドソン研究所に在籍し、熱物性測定を軸とした研究開発に携わる。現在では、大学在籍中から20年以上にわたって積み上げた熱物性の知識と経験を最大限に活かし、世界中を飛び回って熱問題の解決に取り組む毎日。また、主任研究員・工学博士という肩書きを持ちながら、各地で熱物戦士サーモマンに変身。熱物性の難解なイメージを払しょくすべく孤軍奮闘中である。趣味は、天体観測とカメラと少林寺拳法。

立教大学 理学部化学科
助教(農学博士)
上谷 幸治郎 先生

2008年_京都大学農学部森林科学科 卒業 / 2010年_京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程 修了 / 2013年_京都大学大学院農学研究科森林科学専攻博士後期課程 修了、博士(農学)取得 / 2013年_技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)パートナー研究員 / 2014年_立教大学理学部化学科助教 /現在に至る

<専門分野> バイオマス素材の伝熱性解明および機能材料開発

セミナー概要

お早目にお申し込みいただくと…
 特割・早割価格 が適用されます!
特割価格 開催日の4週間前(2/2)までにお申し込みいただいた方

通常価格より、10,000円引き!

早割価格 開催日の3週間前(2/9)までにお申し込みいただいた方

通常価格より、5,000円引き!

早割価格 開催日の3週間前(2/9)までにお申し込みいただいた方

通常価格より、5,000円引き!

日時 2018年3月2日(金)AM 10:00~16:00 ※9:30開場
会場 リファレンス 新有楽町ビル貸会議室 Y204
http://tokyo.re-rental.com/yurakucho/access/
※JR有楽町駅 中央西口/日比谷口から徒歩1分

受講料 【特割価格 通常価格より 10,000円引き※開催4週間前(2/2)までにお申し込みの方
一般 22,000(税込)学生・リピーター 6,000(税込)


【早割価格 通常価格より 5,000円引き※開催3週間前(2/9)までにお申し込みの方
一般 27,000円(税込)学生・リピーター 11,000(税込)

【通常価格】
一般 32,000(税込)学生・リピーター 16,000(税込)


  • ページ下部のフォームからお申込みください。
  • お申込日から換算した適用可能な割引価格を、後日担当者からご連絡させていただきます。
その他
  • リピーターは過去に当社主催セミナーを受講された方が対象となります。展示会セミナーや外部セミナーは含みません。
  • 支払い方法は、開催日5日前までの銀行振込(前払い)となります。お申込受付メールが届きましたら、以下口座に受講料をお振込みください。
    【 常陽銀行 石岡支店 普通1905232 】

  • お振込みが遅くなる場合は、事前に事務局にご相談ください。(TEL 029-825-2620)
  • 同業他社様の場合、ご受講をご遠慮いただくことがあります。
規約 ■セミナー開催中止について
天災およびその他やむを得ない事情により、セミナー開催を中止にさせていただくことがございます。
その場合、お電話かメールにてご連絡いたします。開催中止の場合、セミナー受講料は銀行振込にて全額返金いたします。

■会場・日程の変更について
諸般の事情により、セミナー会場および日程を変更させていただくことがございます。その場合、お電話かメールにてご連絡いたします。
■キャンセルによる受講料の返金について
キャンセルによる受講料の返金はいたしかねます。ご入金後にキャンセルされた場合は、代理の方の出席またはセミナー資料の郵送をもって対応させていただきます。代理の方の出席をご希望の場合は、事前に事務局までご連絡ください。
■お申込者情報の誤入力およびメール着信制限による損害について
電話番号・メールアドレスなどのお申込者情報の誤入力またはメールの着信制限等によりご連絡が遅れるような場合、当社では一切の責任を負いかねます。セミナーをお申し込み後、5日経っても連絡がない場合は、お手数ですが事務局までご連絡ください。
日時 2018年3月2日(金)AM 10:00~16:00 ※9:30開場

よくあるご質問

熱物性測定について何の知識もなく、講義についていけるか不安です。初心者でも大丈夫ですか?
本講は、初心者の方でも熱物性についてご理解いただけるよう、熱伝導率とは何か? 等のごく基本的なことから講義が始まります。初心者の方でも安心してご受講いただけます。
社内の経理処理の都合上、銀行振込日に間に合いそうにありません。どうすれば良いですか?
お電話(029-825-2620)にて事務局にご相談ください。別途ご対応を検討させていただきます。
複数人で受講したい場合、お申込みはどうすれば良いですか?
お手数ですが、ページ下部のお申込みフォームから、お一人ずつお申込みください。
銀行振込以外の入金方法はありますか?
基本的には銀行振込でお願いしております。経理処理の都合上、銀行振込が不可の場合はお問い合わせください。別途ご対応を検討させていただきます。
個別コンサルで、来社してもらうことは出来ますか?
場所にもよりますが、お引き受けすることが可能です。都市部以外の場合、お引き受けできないことがございますのでご了承ください。
領収書を発行してほしいのですが・・・
基本的に領収書発行はしておりませんが、事務局にご相談いただければ別途対応させていただきます。まずはお電話(029-825-2620)にてご相談ください。
複数人で受講したい場合、お申込みはどうすれば良いですか?
お手数ですが、ページ下部のお申込みフォームから、お一人ずつお申込みください。

お申込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信